空室対策は不動産投資の基本【成功させるコツはサービス利用】

不動産

不動産投資と空室

空室の対策と特徴

不動産

不動産投資の特徴として空室であることが一番のリスクとなります。空室であればその間の家賃収入は得ることができません。またたとえ短期間で売却して利益を得ることを目的としていたとしても、その間の収入が途絶えることはリスクには変わりないということができます。これらの空室を防ぐために貸手はさまざまな空室対策を講じることになります。現在の空室の特徴として仲介手数料を調整するということがあります。現在はインタ−ネットの普及により一般の人であってもさまざまな情報を得ることができ、不動産情報もネットに多く掲載されています。したがって空室対策の一番の方法として不動産会社に支払う仲介手数料を増やすことで空室を防ぐという方法が取られています。

不動産投資の今後の予測

不動産投資の中でも賃貸の今後の予測として家賃は下がるのではないかと予測されています。家賃を含めてモノの値段は、需要と供給のバランスによって決定される面があります。不動産を例にとると、供給側からみると現在賃貸物件は非常に増えてきています。その理由として相続対策としてマンションなどの建設が増えてきているためです。このように供給が増えてくるにつれて、空室対策の重要性が増すことになります。今まで通りの方法であれば、空室が続くというケ−スがあるため部屋の内装をなるべく手を入れるようにすることや不動産業者への仲介手数料を支払いを他と違いを設けるなどの空室対策に力を入れることによって満室経営を行っていくことができます。

相場が重要となる

不動産

賃貸経営では家賃相場を知っておくことが重要となり、知っておくことで賃料を決めることが出来ます。また、相場を知らずに賃料を決めてしまえば失敗することもあるので十分に情報を集めておくと良いでしょう。

この記事を読む

家賃収入を安定化する

不動産

家賃保証とは、賃貸住宅において入居者が家賃を滞納したりしても支払いを保証してくれるサービスのことです。従来は連帯保証人にその責を負わせるのが一般的でしたが、近年ではビジネスとして確立しています。また、不動産会社による借上げ方式も実質的な家賃保証を実現します。

この記事を読む

賃貸物件の経営のノウハウ

不動産

賃貸経営は、リスクがつきものです。上手くすれば利益がずっと出ますが、災害などのリスクもありますし、空室率などの問題もあります。災害などは保険でカバーできます。また、運営会社に依頼することがよいことも多いです。

この記事を読む